途中覚醒しない私のグッスリ不眠克服法☆

備忘録

睡眠についてお悩みの方は多いですよね。

特に精神疾患を持つ方は、必ずと言っていいほど何かしら問題を持たれている印象です。

私もその1人でした。

不眠、途中覚醒、長い間悩みましたが、今ではグッスリです(-_-)zzz✌

私の失敗点も踏まえて、私の睡眠克服法を紹介しますので、少しでも参考になればと思います。

ハッキリ言って簡単ではなかった

ですので、本気でどうにかしたい方だけに向けて発信します。

ゴリゴリの不眠障害の方には、あまり効果ないと思いますm(__)m
規則正しい生活がベスト
10年以上悩み、本当に色々経験した結果、結局これに尽きます。
睡眠障害を持つ方は、別に精神疾患を持つ方が多いので、余計にこれが超重要です。
日中起きて、夜は寝る。
この単純かつ当たり前のことが難しいのは、よーく知ってます。
私が実際行った順にお話します。


①陽がよく入る部屋に変えた
私は闘病生活を機に実家へ帰省し、たまたま陽がよく入る部屋に変わりましたが、以前はほとんど陽の入らない部屋に住んでいました。
その為、良く言えば【日中でも寝やすい部屋】だったんです。
今考えれば、これは良くない環境でした。
陽のよく入る部屋に変わってからは、日の出と共に目が覚めるようになりました。
強制的に起こされます。笑
さすがに早過ぎると感じる日は、二度寝。
可能であれば、朝日の入る部屋に移ってみて下さい。
窓際にベッドを移すだけでも、違うと思います
陽を浴びるのは、自律神経にも大変良いと立証されているので、精神病改善にも繋がります。
難しければ、遮光カーテンをやめるのもありだと思います。
②好きなだけ寝るのをやめた
精神疾患持ちの方がやりがちなことです。
やっと寝れたからと言って、好きなだけ寝て、1日中家にいて体力使わず「寝れない😢」。

当たり前じゃないか。笑

これは不眠とは言いませんね。笑
が、私も昔そうでした💦
そこで、変な時間に途中覚醒した後の二度寝を除き、朝起きる時間を寝る際に決めます。
何時に寝ようが関係ありません。
まだ眠かろうが関係ありません。
決めた時間に起きます。
コレが1番難しく、コレができるかできないかで、克服したい覚悟が試されます。
その代わりお昼寝はOKにしました。1~2時間と、絶対時間を決めて。
とにかく朝に1回ちゃんと起き続けて、体に起きる時間を覚えさせます
覚えてくると、だんだん起きるのが苦にならなくなってきて、目覚まし無くても目が覚めます!
③寝具を見直した
寝つきが悪い・途中覚醒がひどい方には、意外と効果抜群なのが寝具を変えること。
絶対効果あるはずです。
私は寝つきは眠剤のおかげで、なんとか眠れていましたが、途中覚醒がひどかったんです。
家族のススメで、10年以上使っていたマットレスをやめ、思い切ってちょっといいマットレスに変えてみました。
するとビックリ。
本当ウソみたいに、パタッと途中覚醒がなくなりました。笑
高いのには、理由がありますね。笑
と言っても、有名ブランドと比べると、半額以下です。
こんなにも違うなら、もっと早く替えれば良かった(>_<)
圧縮されて届きますが、空気を入れれば3秒で完全に戻りました☆
おデブな私には高反発、体重の軽い方には低反発が合い、体を痛めません
④途中覚醒後、二度寝しやすいように
それでもトイレ等、やむを得ない途中覚醒はあります。
大事なのは、【完全に目を覚めさせないこと】です。
途中覚醒しても、またすぐ眠られるようなグッズを試し、良かったものを紹介します。
トイレに起きた際、電気を付けると毎回眩しく、目が覚めてしまうのが嫌で購入。
優しい明るさで、目が覚めません☆
すぐまた眠りにつくことができます☺
次に、体が起きる時間を覚えたらできることですが、朝日で目が覚め、あまりに早く目が覚めた時は、二度寝します。
眩しくて眠れないので、アイマスクをします。
ホットアイマスクでもあるので、普通に寝つきが悪い方にもかなりオススメです。
目の疲れ・クマたるみ予防の美容にも人気で、良い事尽くしなので気に入っています♡
⑤眠剤を見直す
ここまで頑張ると、かなり睡眠は安定して取れるようになりました。
マットレスを変えたのが私には革命でした。
すると、睡眠導入剤がキツく感じるようになったんです。
主治医に相談し、試しに減薬してみると。

余裕で寝れた~🎶

不眠とおさらばし、減薬までできて、自分の成長が嬉しかったです☆


昼夜逆転の生活から脱したから分かりますが、夜を生活の時間にすると、病みます。

精神病の心配がないメンタルの方には、昼夜逆転だろうと構わないんでしょうが。

静か暗いせいか、色々考えやすく考え過ぎてしまったり、孤独感を感じてしまう気がします。

私もまたいつ、ぶり返してしまうか分からないので、気を付けていきます。

重度うつに戻らない為、睡眠だけはしっかり取れるよう、努力します。

悲しいかな、自分次第なんですよね。

結局は全部、自分次第。

あんにょん☆

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました