防災のススメ#停電キッチン編

防災・備蓄

今日は前回に引き続き、停電時の防災の【キッチン】編です。

停電時#初級編

私の個人的考えでは、停電時1番困るのがキッチンで、オール電化も増えている昨今、備えが必要な場所№1だと思っています。

我が家もオール電化なので、備えています。

冷蔵庫

これから猛暑がきますが、何か対策されていますか?

もし真夏に停電すると、絶望感があります。笑

少しでも食材を救うべく。

クーラーボックスと、保冷バックです(*ノωノ)

クーラーボックスは家にあったんですが、クーラーボックス1つでは、あまりにも心細いので、お買い物で普段使いもできる、保冷バッグを購入しました。

数多ある保冷バッグの中からでも、レビューが特に良かったです。

私は知らなかったんですが、サーモスってメーカーが、信頼と実績のメーカーみたいです。

お買い物カゴにセットできて、持ち手が長く肩掛けしたい方にオススメします(´▽`)

これらを使用する為に必須な、保冷剤はもちろん、私は溶ける前に冷蔵庫の氷を、一目散に入れたいと思います。笑

保冷剤は100均の物を備えているんですが、実験の結果、1日半しかもたなかったので、1つくらいちゃんとした物を購入した方がいいのかなぁと、お財布と相談中。

冷凍庫に普段から、2Lペットボトルに水を入れて凍らせておくと、いざという時、保冷剤代わりになります!更に新聞紙で巻くと、溶けにくいですょ(^^)v
調理コンロ
オール電化にお住まいの方は、備えないといけませんね。
どんなに辛くても悲しくても、お腹は減るし、減らなくても、生きていくには食べなければ。
温かい物を口にすると、人間安心するらしいので、メンタル的にも必需品です(*^^*)
「ガス多くない?」と思った方、1本でどれくらい使えるかご存じですか??
メーカーにもよりますが1本で、平均強火で1時間です。
それを踏まえ考えると、現時点で我が家にはご覧の通り、15本備えていますが、私はもう少し足してもいいと考えます。
とりあえず最低限の量、として購入したので、今後もう少し増える予定です。
カセットコンロは、とりあえず人気商品を買っておけば間違いないかな、とコチラを購入。
外での使用に、風よけ機能の付いたものもありますが、自宅避難想定なので、大丈夫でしょう。
ガスの消費期限は、6~7年なので、そこだけに気を付けて、ローリングストックしていきます。
キッチンの必須家電2つをカバーできれば、最低限の生活はできると、私は思っています。
そして前回の記事で、『懐中電灯等の灯り系はみんな持ってると思うから省く』と書きましたが、コチラを忘れていました。
人感センサー搭載なので、普段は足元等のナイトライトとして。
停電時には、停電になった瞬間点灯し、手にもって懐中電灯に早変わりする優れものです。
使ってないコンセント、どこの家にも1つや2つあるんじゃないでしょうか?
我が家にもたくさんあったので、1つは両親が夜中トイレに向かう廊下に。
もう1つは、防災備蓄室に付けました。
こちらはなんとなくです。笑
最近、というか今日、防災士や、備蓄管理士の資格がある事を知りました。
興味あります取りたいです( *´艸`)
だけど調べてみると、意外と費用高くて。
そして、取って何になるんだろう?と考えてはいけないことを、つい考えてしまい、費用も高いので保留にしました。
安ければ、自己満足で取りたかったんですが。笑
防災の備えは、基本的にあるものを使おう
ここまで、そして今後も、色々商品リンクを貼って、紹介していきますが、それは無い場合に参考にして頂きたいだけで、基本的には家にあるもので代用したり、昔使ってたけどもう使ってないものがあれば、それで十分だと思います。
1から全て買って備えようとすると、心もお財布もしんどいです。
私も無い物は購入して、なるべく家にあるもので、集めています。
心配性の私は、無くてもなんとかなるものまで、たまに備えてしまいますが(;^ω^)
防災は、無理ない程度にやるのが1番のコツなんじゃないかと思っていて、特に備蓄なんかは、少しずつ集めました。
ですので私もまだ、備えている途中です。
日々YouTube等で学びながら、出番がなければいいと祈りながら、趣味として楽しみながら。
家族の事を想えば、大した苦労ではないはずです。
私は病気で闘病中ですが、まだまだ死ぬ気はないので、未来を見て危険視し、今年に入ってから防災備蓄を始めました。
防災備蓄が当たり前になればいいなと思います。
あんにょん☆
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました