亡きおじぃちゃんと、歩く。#膝痛

闘病記

弟家族のコロナ隔離が、無事今日解除になりました。

甥っ子はやっと幼稚園に行けたらしく、喜んでいたようでホッとしています(#^^#)

弟家族のコロナ隔離をフォローする為に、私とママは頑張りました。

新しい記事を書く余裕がなかったので、ブログがほぼ稼働できていなかったのは、その為です。

私はお買い物して宅配したり、甥っ子が退屈しないようにおもちゃを買ってあげたり、義理妹ちゃんの誕生日が重なってしまったので、ケーキも用意したり。

ママはお仕事が休みの度に、甥っ子を1日預かって弟夫婦を休ませたり。

田舎田舎とは言いますが、不便なほどの田舎に住んでいるわけではないので、

『いずれ誰かはかかるょ』といつも言っていた為、慌てることなく対処はしましたが、正直やはり大変でした(;’∀’)

本来私は闘病中なので、無理は禁物なのに、家族の為なので頑張り過ぎてしまったようで。笑

「明日隔離が解除になる」という報告を受けて、気が抜けたようで、まさに昨日、以前から痛めていた左足の膝痛が再発しました。笑

整形外科で原因は、加齢現象と、現在免疫力低下の為の炎症、と分かっていて病気ではないので、休養するしかありません。

まぁ私は元々闘病生活で大人しくしているので、休養は慣れっこなのですが、この左の膝痛。

1度発症すると、なかなか厄介なんです。

しかも1度発症すると癖になるので、治っても気を付けないといけない為、歩くのが遅くなりました。笑

歩きすぎて発症するか、変な体重のかけ方をしてグキッといってしまったかによって、完治の時間も変わります。

今回は前者だったので、期間は1週間程だと思います。(後者だと2週間)

ですが最初の何日かの痛み方は同じで、杖なしでは歩けません

発症したては、つま先で少し体重をかけることすらできないので、右足で飛ぶしかなく、ぴょこぴょこ頑張ります。笑

今年の冬に初めて発症し、家の中でも移動が本当に大変だったので、ママに

『杖か松葉杖買おうと思うんだけど、松葉杖は大袈裟かなぁ?』

と相談したところ、

「杖ならおじいちゃんのがあるよ」と持ってきてくれました。

以前、母方の祖父との文通の記事を書いて、大好評を頂きましたが、今回は昔2世帯住宅で同居していた、父方の祖父のお話です。

父方のおじいちゃんは、15年前に亡くなりましたが、同居していたので、思い出や記憶がたくさんあります。

ザ・昭和の男という様な、職人気質の頑固なおじいちゃんでしたが、孫の私にはやはり優しいおじいちゃんでした。

前年に亡くなった、おばあちゃんを追うように突然死だったので、亡くなる直前まで夕飯にステーキを食べるような人で、美味しい物が好きで、しょっちゅうグルメ旅行に行っていた記憶があります。

活発な人で、お散歩もよくしていました。

そのお散歩の時も、小旅行の時にも、いつも手にしていたのが、その杖でした。

亡くなって15年、さすがに遺品整理は済んでいましたが、その杖が傘立てに残っていたようです。

『残してたの?』とママに聞くと、

「いや?そーいうわけではないんだけど、なんでかな?なんか、あったね」

まるで、いつか私が必要になることを知っていたかのように。

15年間、傘立てにずっと置いたままだったようです。

【巡り合わせ】を感じました。

購入を検討していて、色々下調べしていた私ですが、試しにその杖を手にしてみると、新たに購入するという気は、どこかに飛んでいきました。

少し大柄なおじいちゃんが長年使っていたものなので、持ち手や長さのサイズ感が気になりましたが、長さは調節できるし、持ち手もなんだかしっくりきたんです。

何より、おじいちゃんが亡くなる直前まで使っていたもの。

おじいちゃんが守ってくれている、支えてくれているような気がしました。

おばあちゃんが亡くなった時は、形見として素敵なネックレスをもらったんですが、そういえば、おじいちゃんの形見って持ってなかったんです。

それが、予想外な形で形見を手にできました。

15年の間、絶対目には入ってたはずなのに、誰も処分せず残っていたのも不思議。

思わず仏壇に座り、おじいちゃんの写真に

『大事に使わせてもらうね、守ってね』と、報告とお願いをしました。

おじいちゃんの財政面までは全く知りませんでしたが、多分小金持ちだったおじいちゃん。

購入する気で下調べをしていたので、杖の相場を知った今見ると、安物ではない気がします。

ただ1つ、問題がありました。

おじいちゃんは、特別足が悪かったわけではなく、ただ歩行の軽い支えとして?使っていましたが、私は膝痛でできるだけ、左足を地に付けたくないので、ガッツリ体重をかけたいんです。

最近はアルミ製の杖もある中、おじいちゃんの杖はしっかりとした、丈夫そうな木製なので、その点は心配ありませんでしたが、

杖の先端のゴムの部分が、1点型だったんです。

歩行の軽い支えとしては、1点型で十分なんだと思いますが、私のようにガッツリ体重をかけようとすると、ゴムで滑りにくくはなっているものの、心もとなくて怖いんです。

特に雨で床が濡れていると、不安で体重をかけられず、頼りにできませんでした。

でもせっかく巡り合ったおじいちゃんの杖。

できれば一生使いたいので、先端のゴムだけ購入して、カスタムさせてもらいました☆

お見苦しい体型はご容赦ください(;・∀・)

4点型のゴムに付け替えたことで、安定感が抜群になり、安心して体重をかけられますし、雨の日もグリップがしっかり効いているので、怖くありません。

手を放しても、自立して立ってくれるのは、おまけの便利さでした。

膝痛は本当に不便で、面倒に思いますが、おじいちゃんの杖に巡り合えたので、

『結果おじいちゃんの形見GETできたから、まぁいっか』です♪

手に持つ度に、おじいちゃんの温もりを感じることができますし、私が転ばないように、亡くなってからも尚、私を守ってくれています。

気のせいと言われれば、それまでなんですが、なんだか本当にそう感じるんです(*´з`)

私はHSP(繊細さん)で、特に感受性は、良くも悪くも、自他共に認める強さです。

見えない何か、第6感みたいなものを感じているのかな~なんて思ったりしています。笑

おじいちゃん、いつも守ってくれてありがとう♡♡

私は、19歳で精神病を患い、3年前には白血病を発症し、もうすぐ人生の半分が病気人生、闘病人生です。

地獄のような経験も、数えきれない程してきました。

ですが、不幸だと思ったことは、記憶の限りでは多分1度もありません。

どんなピンチに陥っても、必ず何かしらの助けがあったり、現れたり、本当に不思議なくらい恵まれているんです。

悪運が強過ぎるというか、何かに守られていると考えざるを得ないくらい、恵まれていて、その度に

『おじいちゃんか、おばあちゃんだな』と思うんです。

霊とかスピリチュアルなものは、正直イマイチ信じてませんが、無意識にそう感じる時があります。

自分でもよく分かりません。

何でしょーね。笑

良い話だったのに、変な終わり方になった気がします( ̄▽ ̄)笑  あんにょん☆

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました