うつで悩む方へ。元うつより

備忘録

私には、20歳~23歳までの記憶がありません。

解離性健忘(記憶喪失)です。

本のページをめくるように、断片的に思い出せるページ、場面の景色が、数枚あるだけです。

  • 入院病棟の個室部屋
  • 風呂場でカミソリ
  • 全身ずぶ濡れで道路
  • ドアの向こうで泣き叫ぶママ
  • 元旦那の実家の部屋

以上です。

全部場面の景色だけで、動画では脳内再生できませんので、出来事は分かりません。

無理にこれ以上頑張っても思い出せないし、パニックを起こしそうになるか、苦しくなるので、何度も思い出そうとしたことはありますが、もう深入りしません。

私がうつを発症したのは19歳で、発症した頃の記憶はちゃんと全部あると思います。

その後の3年程がバッサリ切り取られたように、無いんです。

地獄だったことは間違いないので、脳の防衛本能だと諦めています。

見せるものではないので、写メは載せられませんが、傷も沢山あります。

私の場合、手首、足首、太ももです。

私の傷は死ぬ為ではなかったので、足首や太ももの後々後悔した時、見えない所を計算していました。

それだけ冷静ではあったということです。

腕の傷は、後先考えない感情的な時だと思います。

運ばれて縫った傷もたくさんあります。

ODも何回もして運ばれ、胃洗浄で助かったり、発見が遅くICUに入ってたこともありました。

任意という名の、強制入院も2~3回しました。

回数がハッキリしないのは、記憶喪失の期間の話なので、多分の数字です。

他にも症状は摂食障害、パニック障害等、解離障害等、たくさんあり過ぎてキリないので以上にします。

とにかくひどく荒れていたし、今思えば完全に狂っていて、「人じゃなかった」です。

生きていたけど、心は死んでいました。

未来なんか無いと本気で思い続けていました。

自分の存在理由をひたすら探し続け、苦しみました。

そんな私は現在37歳になり、今、「幸せ」だと本当に思っています。

今苦しんでいる人にとっては、とても信じられないでしょう。

私自身、奇跡かなと思っています。

今私は白血病の抗がん剤治療中で、治療しなければ死にます。

「死」が現実的になって、本当にこの記事だけの話にしますが、治療1年目は、

どこかで『死んでもいい』気持ちがまだ残っており、死んでも構わないのに生きようと治療している矛盾に葛藤し、苦しみました。

1年目は1番薬の量も多く、副作用もその分辛いです。

辛い副作用に耐える意味が分からず、

『こんな辛い想いしてまで生きたいと思ってない』

と、親と何回も揉めて、治療放棄もしました。

最低だと頭では分かっているのに、心が言うことを聞いてくれませんでした。

生きるか死ぬか、選ばないといけない毎日のストレスで、30㎏太りました。

どんどん自分の姿が醜くくなり、鏡が一切見られなくなりました。

希死念慮は脱し、うつは卒業できていましたが、1度重度のうつに陥ると、うつは治っても軽い精神疾患は残るようです。

科学的に言えば、脳の病気ですからね。

1度壊れた脳は、そう簡単に完全には治らないのは不思議じゃないので、仕方ないと思っています。

実際うつとは診断されなくなっても、症状や発作はたまに出るので、何らかの病名は付き、現在も精神科に通院していて、安定剤も飲まないと、頭が動きません。

以上、私の経験談を、ザックリと説明しました。

本当は太い1冊の本が書けます。

大事なのはここからです。

私がどうして『幸せだ』と思えるようになったか。

はじめの一歩。治りたいと思った

何回も何回も未遂をして、毎回毎回失敗に終わったある日、

  1. 『何回失敗して周りに迷惑かけるの』
  2. 『私は死ぬ勇気すらないんだ』
  3. 『私は結局死ねない、生きなきゃいけない』
  4. 『じゃあこのままは嫌だ』

と順に感じ、地獄の3年を経て初めて、【病気を治す】ということと、向き合いました。

私は周りの環境に恵まれていたので、それからは割と早く、希死念慮は付きまといましたが、実際行動に移すことは格段に減りました。

カウンセリング・スピリチュアルカウンセリング・写経等、半信半疑でも勧められたものは何でもやりました。

私の場合、1番効果があったのは、

「自ら1人で他県にリゾートバイトに行って、誰にも頼れない状況を作って自分を鍛える」

ことでした。

3か月程度でしたが、やり切ると達成感で、自分に自信がついて、すごく嬉しかったです。

2歩目。気が向いたらでいい

治したいな~という気持ちを、保ってる状態前提での話です。

休養しながらも、気が向いたら求人情報を見ました。

気が向いたらです。

興味が出たら・調子が良かったら・理由は何でもいいです。

気が向いたら、挑戦してみました。

ここで大事なのは、絶対『続けなきゃ』と思ってはいけません。

挑戦できたら、90%は達成できた気分で、あとは気持ち次第で、『辛い』と思ったらすぐ辞めました。

辞めたら自己嫌悪でしばらく落ち込むので、また休みます。

私の場合、家族や当時の彼が

「そっか(*^^*)」

「お疲れ様(^^)/」

「頑張ったね!(^^)!」

「大丈夫よ(´▽`)」と、

誰1人私を責めず、ガッカリせず、次を急かさず、長い目で見守ってくれていたのが、かなり恵まれていました。

病む前は、バリバリ働いていたので、誰よりも社会復帰しなきゃいけないと私が分かっていたので、むしろ

「焦らないで」と耳にタコで、いつからかマイペースをもじって、ユイペースと言われるようになりました。

大事なのは、挑戦することをやめないことです。

逸る心を抑え休んで、自分が気が向くのを待ちました。

3歩目。頑張った分、休む。

挑戦することをやめなかったら、少しずつ頑張れる日が長くなりました。

そのうち自分のパターンが分かるようになりました。

私は半年が限界の人ということが分かったんです。

  1. 始めは、やる気満々
  2. 2か月までは仕事慣れるのに必死
  3. 3か月で仕事に慣れ余裕が出てくる
  4. 4か月で余裕が出て周りが見えてくる
  5. 5か月で周りの視線が怖くなる
  6. 6か月、怖さに耐えられず限界、辞職

何の仕事に就いても、こうでした。

それからは、半年しか働けないベースで仕事に就きましたが、休養は変わらず大事です。

すぐには再挑戦しません。

私は『早くまた頑張らなきゃ』焦り癖があるので、

半年頑張ったら半年休む。ルールを自分に作りました。

今考えれば、【開き直る】を覚えられた始まりです。

『休んでいいんだ』自分を許せると、安心して休養できました。

半年頑張って半年休む。

これは、白血病発症するまで続きました。

私は自己肯定感が極端に低く、何かあるとすぐ自分を責めます。

世の中や、周りや、人のせいにできない性で、自傷も自分に罰を与えるような形でした。

今でも自己嫌悪に陥りやすく、自己肯定感は低いままですが、【開き直る】ことを完全に覚えたので、病まなくなりました。

人並みに落ち込んで、開き直って切り替えられます!大成長です。

自分の醜い姿も、交友関係を全部切り、自らボッチになることで、人の目を気にせずに済んだら、開き直れるようになりました。

他人の目には元々興味がないので、気にならず、堂々と歩けます。

うつ全盛期は、

何で生まれてきたのか

何の為に生きてるのか

何もかも面倒。生きてる事も…

それしか考えていませんでしたし、同じように悩む人が多いと思います。

参考にはならなくても、私の経験上の答えを言います。

生きてる特別な理由なんて無いです。

理由を求める気持ちは嫌ってくらい分かります。

が、そもそも求めることが間違っていたというか。

理由があって欲しいから求めるけど、みんな「ただの人」なんです。

「特別な人」なら、生きてる理由があるでしょうが、大抵の私たちは「ただの人」です。

『理由なんて無い。私はただの人。過剰評価しなさんな』

と自分に言い聞かせ、『そっか』と受け入れられてからは、随分楽になりました。

存在理由が別に無いなんて、受け入れたくないので「あるはずだ」と探しまくるんだと、私は思います。

これが私も悩み苦しみまくった末に出した、私個人の答えです。

私がこの記事を書いた理由
絶対治らないと思っていたのに、治ったからです。
確かに私は恵まれまくっていました。
そのおかげは大いにあります。
けど、治したのは私で、結局は自分自身だと思います。
病院や施設は、治したい人を手助けしてくれる所であって、病院や薬が治してくれるわけではありません。
過度な期待は良くないと、私は思います。
と、治したい気持ちが本当にあれば、治るらしいよ。
成功例もあると、知って頂きたかった。
全部、私個人の意見で、間違ってる事もあるかと思います。
病気になる原因も、環境も、症状も人それぞれなので、当然かもしれません。
気に障ったらごめんなさい。
今回の記事は出すべきか、かなり迷いました。
治したいなら、希望はあるよ。それだけです。
治したい全ての人を応援します。
あなたなりのペースで、歩けますように。
追記
切るのがやめられない方へ。
切るなとは言いません。
切ったらいけないことくらい分かってるけど、他にないんですもんね。
1つだけ、切る場所だけ、考えて欲しいです。
できるだけ、見えない場所に。
もうすぐ38歳になりますが、全く消えません。
綺麗に縫った傷でさえ。
ただの恥で、将来悩みの種になります。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました